生産管理ソフト・生産管理システム

生産管理ソフト・生産管理システム 株式会社INFORCE
事例
各部門における問題点と解決策

バックスクラッチャー インターフェース

営業部門

販売計画がラフなため、資材の適正在庫量がわからない。
販売計画シミュレーションにより、科学的な販売計画立案を支援します。
生産状況を把握できないため、スピーディーな見積りが提出できない。
営業支援システムにより、リアルタイムでの生産状況確認ができます。
飛び込み注文が多いため、購買部門や製造部門の工程計画が混乱する。
案件管理や受注管理により、購買部門や製造部門の工程計画立案を支援します。

購買部門

適性な在庫量を把握できないため、過剰在庫となり在庫コストが過大になっている。
資材のABC分析から資材の最適発注量を算出し、在庫コスト削減を図ります。
部品構成表が複雑なため、資材や部品の管理コストや発注コストが過大になっている。
生産形態に応じた生産計画機能により、貴社に合った資材所要量展開を支援します。
外注業者の納期遅延が多く、資材や部品の入庫がJITでない。
カムアップシステムなどにより、徹底した購買管理や外注管理を支援します。

製造部門

製造計画が期間山積み計画法のため、飛び込み生産や短納期化に対応できていない。
時点計画法などの導入により、顧客の短納期化ニーズに合わせた製造計画を支援します。
進度管理や余力管理が適切に行われていないため、負荷の平準化が実現されていない。
作業実績をデータベース化して、作業標準化・作業改善・人事評価などの基礎資料とします。
人と設備の稼働率が低く、納期遅延や進度遅延が頻発している。
リアルタイムな進度管理や生産状況の公開により、営業部門との情報共有化を図ります。

下の各画像をクリックすると
拡大画面が表示されます


開発システム範囲
開発システム範囲

システム構造図
システム構造図

業務フロー@
業務フロー@

業務フローA
業務フローA

業務フローB
業務フローB
Copyright(C) Inforce co.,ltd. All Rights Reserved.